テレワーク・在宅勤務時代にぴったりな間取りとは?今すぐ作れるワークスペース術も

昨今、新型コロナウイルスの影響で「毎朝会社へ出勤する」という勤務形態も変化しつつあります。テレワーク(在宅勤務)が普及し、家で仕事をする機会が増えた人も多いことでしょう。自宅で家族がいる中で仕事をしなくてはいけない場合や、書斎などの部屋や仕事ができるデスク・スペースがない!という人もご安心ください。今回は、テレワークを快適に行うための間取りや、今すぐできる仕事スペースづくりの工夫についてお話しします。限られたスペース・予算の中で、自分や家族に合ったテレワークの形を見つけていきましょう!

今から家を建てる、または購入・引越しを検討している人

現在、家の購入を考えている人、または引越しを考えている人でテレワークをする可能性がある人は、できる限り事前にスペースの確保をしておくと良いでしょう。家族構成やライフスタイル、予算や敷地面積によって、完全な個室やスペースが得られない場合もあると思いますが、収納スペースとのバランスや防音面を考えた部屋の配置などを工夫することで、少しでも快適に仕事ができるようにカバーしましょう。

1.狭くても独立したスペースを確保する

できることなら、3畳以上の個室を作ることがベストです。リモート会議などを行う人は、家族の映り込みや生活音を遮断して集中できるように、個室の書斎を作ることが良いかと思います。完全リモートで仕事をする人は、エアコン設備や気分転換ができるように窓を設けることができれば、快適に仕事がはかどることでしょう。

完全個室以外にも、スキップフロアやロフトなどの半個室を作ることで、部屋数を減らさない工夫も可能です。この場合は、防音性が低くなることがデメリットです。

2.生活音が届かないような間取りの工夫

部屋やスペースを確保できない場合「寝室にデスクを設置して仕事スペースにあてる」ということも考えられるかと思います。その場合は、生活音が発生する洗面所、トイレ、キッチン、リビングから遠ざけるような間取りになるように工夫しましょう。

3.収納スペースをテレワークスペースにしてしまう

ウォークインクローゼットや収納を想定しているスペースを、テレワークスペースにしてしまう方法があります。のちに収納スペースとして使うことは可能なので、仕事ができるようにコンセントの配置だけは、設計時に考える必要があります。他にも、押入れや階段下スペースなどもうまく利用することができないか検討してみましょう。

4.ながら家事や小さい子供を見ながらのリビングデスク

小さい子供を見ながらの在宅ワークや、合間に家事をやりながら仕事をしたいなど、仕事と家庭のオンオフをあまり分けないワークライフバランスが理想の場合、リビングにワークスペースを設けてみるのも良いですね。家族のライフスタイルに合うのであれば、オープンな空間で仕事をすることも選択肢の一つです。防音性やプライベートとの切り分けはしにくいですが、家族との触れ合いが多くなったり、子どもや家族が仕事をしているところ見られる、とポジティブに捉えることもできます。

今住んでいる家でテレワークをする人

引越し・住宅の購入の予定が無く、今住んでいる仕事部屋やスペースが無い家でテレワークをするという人の方が圧倒的に多いと思います。リビングやダイニングで仕事をしても良いですが、出来ることならワークスペースを設けた方がプライベートとの切り分けが出来て、仕事もはかどると思います。限られたスペースの中でもできる空間づくりやレイアウトの工夫で、自分なりのワークスペースを作ってみましょう。

1.まずは小さめの可動式デスクを買って場所決めを検討する

いきなりしっかりとしたデスクやイスを買って形から入る!という人もいると思いますが、オススメは、キャスター付きなどの手軽に動かせるタイプの小さめデスク(できれば折りたためると良いですね)を使用して、「快適に仕事ができる場所」を探してみることです。生活音や陽の当たり方、冷暖房の位置など、デスクを置いて実際に在宅ワークを始めると気になることが出てくることもあると思います。

可動式のデスクなので、日中は誰もいないリビングで、家族が帰ってきたら他の部屋でなどの使い方もできるので、自分に合った場所やスタイルを模索することができます。

2.背の高い棚で部屋を区切り空間を作る

リビング・寝室・洋室など部屋は問いませんが、部屋の壁と背の高い棚(イスに座った時に隠れる高さよりも高い棚)でデスクを囲み、簡易的に狭い空間を作る方法があります。壁を作るわけでは無いので生活音はそのまま聞こえてしまうため、日中の在宅ワークでしたら寝室にスペースを作ることをオススメします。棚だけで無く、リモートワーク専用の目隠し壁のついたデスクや、完全に空間を遮断できる箱のようなワークスペースを作れる商品も販売されています。

3.部屋の一角をカーテンやパーテーションで区切る

WEB会議が多い人、オンオフを完全に切り分けたいひとにオススメなのは、カーテンやパーテーションで独立した空間を作ることです。突っ張り式カーテンだと工事なしで設置可能なので、賃貸の家に住んでる人も好きな場所につけることができます。家の中の音は聞こえてしまいますが、生活感は視界から遮断できるので、集中力は上がると思います。棚と違って、カーテンを開けるとプライベートの空間を圧迫しないのも魅力の一つですね。

4.デスクの物は最小限に!仕事スイッチを入れるものをプラス

スペース作りとは別の話ですが、家で仕事をするということは、誘惑がたくさんあるということ!デスクのものは最小限にして視界をスッキリさせて仕事に集中できるようにしましょう。オススメなのが、仕事スイッチを入れるための自分のルールを決めることです。例えば、家で仕事をするときは決まった香りのアロマを焚いたり、決まったBGMを流したりして、仕事スイッチが入るようなルーティーンを決めておくとメリハリがつくと思います。

テレワーク時代のワークスペースづくりに大切なこと

コロナ禍が落ち着いた後もテレワークを続けていく企業も多いかと思います。どこでも安定した業務ができるようにしておくことが、非常に大切になってくることでしょう。在宅ワークの空間作りも大切ですが、まずは家族としっかりと話し合いきちんと理解を得ることが重要です。家は家族みんなが生活する場所。おうち時間が増えてみんなが家にいる時間が多くなった今、家族全員が楽しく暮らせる家にすることが一番大事なんじゃないかと思います。

テレワークに最適な間取り・スペースづくりのまとめ

今から家を建てる・購入・引越し予定がある人

 1.狭くても独立したスペースを確保する
 出来ればコンセントや冷暖房に設備もあると◎

 2.生活音が届かないような間取りの工夫
 洗面所、トイレ、キッチン、リビングから遠いところにワークスペースを。

 3.収納スペースをテレワークスペースにしてしまう
 クローゼット・押入れ・階段下を利用してみよう!

 4.ながら家事や小さい子供を見ながらのリビングデスク
 リビングで仕事をするという選択肢も!

今住んでいる家でテレワークをする人

 1.まずは小さめの可動式デスクを買って場所決めを検討する
 自分に一番合った場所やスタイルを探そう!

 2.背の高い棚で部屋を区切り空間を作る
 簡易的な空間づくり&仕事グッズの収納も!

 3.部屋の一角をカーテンやパーテーションで区切る
 空間を完全に切り分けたい人にオススメ!

 4.デスクの物は最小限に!仕事スイッチを入れるものをプラス
 視界はスッキリと!在宅ルールを決めると◎

リモートワーク時代は始まったばかり…自分や家族に合った在宅ワークの形を探りながらどんどんアップデートしていきましょう!

ワークスペースを取り入れた間取りをお考えの方は、熊本・福岡のハウスメーカー「セイカホーム」にご相談ください。家族構成やワークスタイルに合ったおうちづくりをご提案します。
セイカホームでは、お家の気になるお役立ち情報を、随時ご紹介しています。
おうちのお役立ち情報一覧はこちら

熊本・福岡の家づくりのことなら【セイカホーム】へ!

熊本・福岡での家づくりのことならセイカホームにお任せください!家づくりの基礎から住宅ローンや保証についてまで、まごころを込めてお客様に寄り添うハウスメーカーです。建てた後も安心して暮らせるように迅速なアフターフォローでお客様の暮らしを守ります。お気軽にご相談・お問い合わせください。

株式会社セイカホームは熊本・福岡のハウスメーカーです。超ローコスト888万円注文住宅「ハピネス」を始めとする各種の新築注文住宅を取り扱っています。ローコスト平屋「ハピネスエイチ」、人気の「スマイル」、使いやすい間取りが嬉しい「ままはぴ」、平屋の注文住宅「縁-EN-」なども好評です。セイカホームは人々が日々を暮らす「家」を通じて、熊本と福岡の皆様の普段の生活をもっと豊かする地域の工務店でありたいと考えています。

お気軽にお電話ください

熊本本社フリーダイヤル
Call:0120-369-556
久留米支店
Call:0942-37-0550
ページトップ